授乳・妊娠中にうれしいルイボスティー

MENU

ママの体にも赤ちゃんにもとっても優しい

授乳・妊娠中は水ぐらいしか飲み物がなく、とても辛い

 

妊娠中の方はなるべくカフェイン摂取を控えるように言われます。

 

コーヒーや紅茶はもちろん、普通のお茶にもカフェインは含まれます。

 

ジュースなどは糖分が多く、妊婦中の太りやすい体質にはタブーです。

 

妊娠中はもちろん出産後の授乳中もカフェインは禁物です。

 

そうすると、水ぐらいしか飲み物がなく、とても辛いものです。

 

 

ルイボスティーは、カフェインを含まないお茶

ルイボスティーは、カフェインを含まないお茶です。

 

このため、授乳中にも安心してガブガブと飲め、低カロリーで味もまろやかなので毎日飲むのにも最適です。

 

ノンカフェインのルイボスティーには、お腹の赤ちゃんにも優しい飲み物であり、質の高い母乳を作るために必要なミネラルを補給できるのでおすすめです。

 

葉酸の必要性を知っていますか?

早産・流産のリスクを軽減

早産の70%が退治の染色体異常によるものが多く着床時に原因がある場合がほとんどだそうです。 若々しい卵子は、もちろn精志の染色体異常の染色体異常のリスク軽減のためにも男性も摂取した方がよい栄養素です。

着床・子宮頚ガン防止効果

葉酸が欠乏することによって、子宮頚ガンの発症リスクが高くなると言われています。 葉酸は支給の細胞に働きかけ、子宮内膜を強くしたり受精卵を守る働きをし着床を助ける効果があるみたいです。

高血圧予防

葉酸やビタミンB12不足で引き起こす高ホモシステイン血症、妊娠高血圧、疾病患のリスクが軽減されるそうです。

AFC葉酸サプリ

下矢印

AFC葉酸サプリ